企業価値評価・株式評価・事業評価

企業価値評価とは、現時点の企業価値を客観的に評価・算定することであり、企業経営をする上では、自社の企業価値は非常に重要な経営管理指標の1つです。企業価値評価は主として、以下のようなケースで必要となります。

1. 自社がM&A(企業の譲渡・買収・合併)を検討しているとき
2. 他社からM&A(企業の譲渡・買収・合併)を持ちかけられた時
3. 自社の増資による資金調達をする時
4. 非上場会社の場合、事業承継対策の時

企業価値評価・株式評価・事業評価自社が高い企業価値を持っていれば、株式交換制度を利用してM&A(企業の譲渡・買収・合併)をする際に、自社の高株価のメリットをフルに享受できます。

企業価値評価というと上場企業もしくは、ある程度規模の大きな企業にしかあまり関係がないとお思いの経営者の方もいらっしゃるとは思いますが、上場会社が非上場会社をM&Aするケースが増加している環境下では、中小企業の経営者も自社の企業価値を意識した経営がますます必要になってきます。

経営者が現時点での企業価値を把握していないと、M&Aを検討する際や、同業他社から合併などを持ちかけられた場合など、不利な合併比率になり他社に飲み込まれることになりかねません。そのような事態を避けるためにも、定期的に自社の企業価値を評価しておくことが、適切な経営判断の手助けになります。

当事務所では、取引の背景や評価の目的に応じた適切な評価手法に基づき企業の公正価値を評価することにより、合理的な意志決定をサポートするとともに、様々なステークホルダーにとっての公平性、納得性を担保します。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

主な業務エリア
愛知県名古屋市、愛知県尾張地方全域、東京都23区、神奈川県横浜市、川崎市など(その他全国対応します、ご相談ください)

連絡先 お問合せフォーム